新しい発見や些細な喜び

2020年09月15日(火)10:38 AM

 こんにちは、今回で2回目となるヤマバタです。みなさんと直接お話しする機会が少ないので、こうしてみなさんが投稿されるブログを拝見させて頂き、どういったことを考え感じているのかが垣間見え、少し身近な感じがしています。

 

 さて、今回は私のこの夏の出来事を2つご紹介したいと思います。

 1つ目は、ご存知のように、休みの日でもできるだけ外出を控えるように、みなさん過ごされていたかと思いますが、私も今年は自分の家の庭に時間をかける機会が増えました。

木の枝の剪定や雑草を抜いたり、人工芝を引いたり、トマトやキュウリを植えたり、私の妻は大葉・三つ葉・パセリ・バジル・ミントなどを植え収穫しています。みなさんの中でも家庭菜園されている方いらっしゃるかもしれませんね。

 そんなある日、いつものように庭に目をやると、エッ! なかなかお目にかかれない事が起こっていました! なんと! 蝉が羽化しているではありませんか \(o)/!

すぐに妻・子供を呼んで、一緒に観察しました。子供(5歳の娘)は「うぇ!気持ち悪い!」と言っていましたが、蝉は2時間くらいで羽化し、成虫になってからは、約1ヶ月の寿命だそうです。家族で生命の不思議さと言うか、強さを共感することができました。

生活スタイルが変化し、庭に気をかけるようになったおかげで、貴重な体験をすることができました。

仕事でも、状況が変化したからこそ、違った視点で物事を見れば、新たな発見が見えてくるかもしれませんね。蝉の羽化からそんなことを学んだ気がしました。

 

2つ目は、実は私の従兄が、長崎県五島市にいまして、年に数回、その従兄からその日にゲットした新鮮な石鯛・ヒラマサなどの魚やアワビ・サザエ・伊勢エビ・イカなどを頂くのですが、この夏、従兄から「魚送ったから」と連絡が来ました。いつものように、楽しみにしていましたが、今回は体長80センチのクエ1匹がそのまま届きました \(o)/!

以前も50センチくらいのクエが届き、なんとか台所で頑張った経験があるですが、今回は80センチ! 玄関前に横たわっているクエを前にして妻とどうするか5分くらい話し合いました。「よし。台所でやるか!」

妻的には、庭でやると魚の匂いがしばらく残り、猫が寄りつかれるのを恐れていました。(猫アレルギーみたいです)しかし、台所でやるとなると大きすぎて、そこら中に飛び散るのも懸念しました。5分考えたのち、覚悟を決め、玄関から台所まで新聞紙を敷き、キッチン周辺も新聞紙を敷きつめ、格闘スタート。

クエは、今回で2回目。大きいということもあり、アラにするまで格闘時間2時間。お疲れ様でした。特に頭が苦労しました。汗をかきながら格闘した後のビールと程良く弾力があり、程良く脂がのっていて甘いクエの刺身は最高でした (^-^)。アラ煮も(^-^)。

なかなか口にすることができない海の幸を新鮮な状態で頂けることに感謝!従兄に感謝ですね!

 

みなさんはこの夏、新しい発見や些細な喜びはありましたか?

 

※蝉の羽化(グロ注意)

※1回目のクエ

※2回目のクエ


  |