笑顔という武器

2019年10月25日(金)10:19 AM

 こんにちは。来月11月でエフザタッチ入社4年目を迎えるコールセンター事業部サカグチです。

 私はエフザタッチに入社する前のお仕事では個人宅への訪問営業を主に行っており、担当したエリアは、三島や焼津、静岡などと県内の様々な地域を回っていました。実はそのころから静岡を拠点とするエフザタッチの名前は知っており、当時勤めていた会社ではテレアポという形での営業活動を支えていただきました。

 テレアポについては、以前のブログでコールセンター事業部のリサさんやアオイさんが案内しているのでこの場では割愛します。

 当時はエフザタッチが用意した商談の場に赴き、事前にヒアリングしていただいた情報を元にお客様へプランを提案し、成約に繋げさせていただいていました。

 誰もが当たる壁として訪問営業の際には、まずお客様の玄関を突破することが最初にして最大の難関です。信頼がないとドアを開けていただくことすらありません。それがテレアポであれば、その最大の難関が取り除かれており、ある程度の信頼も得られているということになります。これはものすごいアドバンテージです。

またエフザタッチは訪問営業も当時行っていたので、もしかしたら今の上司たちと同じ地域を回っていたのかもしれません。

 

 その後、縁あってエフザタッチに入社し、3年ほど個人宅に向けてのテレアポ業務を行いました。突然知らない番号から電話がかかってくるので、お客様の警戒は高いです。さらにお互いの顔は見えず、こちらが案内する方法は声だけとなります。しかも常にクライアントから結果を求められるシビアな環境です。

 ここで武器になったのが笑顔です。お互いの顔が見えないのに笑顔なんて意味がないじゃないかと思われるかもしれませんが、笑顔になると自然と口角があがっていきます。口角が上がると響きがある声となり、よく通るようになります。するとお客様にも、こちらが伝えたいサービスの内容やメリットなどよく聞き取れるようになります。逆に暗い表情だと、ごにょごにょと聞き取りにくい低い暗い声になってしまいます。何を言っているか分からない電話なんて、聞く側にとってはストレス以外のナニモノでもないです。どちらの印象がいいかなんて聞くまでもないですよね。

 また笑顔には自分自身にも効果があるようです。

 「ストレスが解消し、プラス思考になる。」

「免疫力があがり、自律神経が安定し、病気が改善され、アレルギーも改善する。」

「潜在能力を引き出す。」

「自分も相手も、明るい気持ちになり、人間関係が良くなる。」

コールセンターはいわゆる密室空間です。お互いが暗い顔だと雰囲気もどんよりとしてしまいます。だからこそエフザタッチのコールセンター内の女性陣はみんな笑顔なのかもしれません。

 

現在の私はというと、平日は派遣先で、土日は静岡のエフザタッチ本社でお客様からの問い合わせに対しての対応業務を行っています。

私自身正直、仕事が出来るタイプではないので、上司に怒られたりすることは日常茶飯事ではあるのですが、やはり怒られた後はメンタルに来ます。ただそんな状況でも“笑顔という武器”を忘れないようにしています。次は失敗を繰り返さないようにしようと前向きに考え、たとえ作り笑いになってしまっていたとしても笑顔を大切にしています。

コールセンターのお仕事は日々色々な出来事が起き、1日とて平和な日なんてありません。そんな毎日が刺激的でどこか心地よくも感じます。

 

このブログを書いている今、連日連夜とラグビー日本代表の快進撃が報じられています。

ラグビーには様々なポジションがあります。選手たちやスタッフは4年間、様々な努力を重ね、犠牲を払い、そして多彩な戦略を用いて「ONE TEAM」として最大の目標であるベスト8進出を達成させました。私もにわかですが、ファンになりました。

エフザタッチにも活躍できる様々な場所やポジションがあります。ラグビー日本代表のように「ONE TEAM」として皆様のご要望・ご期待に答えられる会社であると認められるように頑張っていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。これからもエフザタッチをよろしくお願いします。

 

2018年に行った沖縄社員旅行での一コマ

 


  |